坐禅のススメ

皆さんは、『坐禅』と聞くと何を思い浮かべますか?  (English)

zazen イラスト○ 迷いが無くなり、悟りがひらける。
○ 無念無想になり集中力がつく。
○ 姿勢が良くなり、心身が健康になる。
○ 足が痛身に耐えると忍耐強くなる。
○ 警策で叩かれ喝が入る。

などでしょうか?

 私も、禅寺で足の痛みと眠気に耐え、真面目に頑張って坐っていれば、根性が鍛えられ、神秘的な体験により悟りが開けて、今よりマシな人間になれると、坐禅に対して何かしらのご利益を期待していました。

 思い返すと私は、小さい頃から「認められたい、褒められたい、だれにも負けない能力を身に着けたい」と常に満たされない気持ちを握りしめ、息苦しさを感じながら右往左往していました。

 ところが、禅僧になった私のベクトルは180度転換しました。他人の目と損得効率ばかりを意識し、見栄を張りプラチナシートを求める生き方から、全てを手放し、自然の中で深呼吸を楽しみながら磨き落すシンプルな生き方へと。

 日頃、私たちは何かを行う時には、必ずと言っていいほど自分にとって望ましい成果が得られることを期待して行動してしまいます。しかし、坐禅だけは、その例外だと私は思います。それは、あるがままの自分に徹底して目覚め続けることだからです。あるがままの自分に目覚めるには、今、此処に居る自分以外のものになろうとするのではなく、今の自分に徹底して親しむところから始めなければなりません。

『只管打坐(しかんたざ)』これが道元禅師の示す坐禅です。

『万事を休息し、諸縁を放下(ほうげ)し、一切為さず』と瑩山禅師も坐禅の用心を記されています。

 譬えば、海で泳ぐ時は、余計な力を抜き身を任せると楽に浮くのでスムーズに泳ぐことが出来ます。頑張って力むほど、かえって窮屈な思いをした経験が皆さんにもあるのではないでしょうか。

 坐禅も同じで、どんなに素晴らしい“理想”や“思想”、忘れ難い“気持ち”でも持込んで力めば坐禅の邪魔になるだけです。一切の作り事を辞めると、自分が自分で自分らしくあろうと努力する事を辞めても自己は減りも増えもしないことが解かり「焦る必要はない」と安心する時があります。

 日頃、私たちが常に意識しがちな、損得、効率、見栄といった価値観を離れて、静寂な処で身と息を調えて端坐(正しく坐禅)をしていると、自ずからの内で起こる自他の喧嘩が止みが自己と他己が平らかに和んできます。そういった時は気負いも力みも無くなるので“憤り”や“悲しみ”や“ノボせ”も自然と遠のいていきます。するといつの間にか、現実の自己と坐禅と世界が和合するので、坐禅は「安楽の法門」だと禅師は云われるのです。

 神秘的体験を求め根性を鍛え直そうと期待して来る人に「坐禅の時は目標(理想)に向かって頑張る事を、先ずは止めて下さいね。」とお願いすると、坐禅は想像していたイメージとは随分違うなと思われます。
しかし、無意識に求め続ける“苦しみ”の解毒が『坐禅』にはあるのだと思います。

 坐禅とは、『大安楽の法門です。

 皆様も、ただ坐る坐禅会に参加してみませんか。